2016年度 卒業論文発表会のお知らせ

カテゴリー: 最新情報 — cogsci @ 2017年2月5日 13:07

認知情報科学講座の皆様、下記のとおり平成28年度卒業論文発表会を行います。

<日時>
2017 年 2 月 13 日 9:00 ~ 16:30(予定)

<場所>
マルチメディア講義室(人社研棟 1F)

<タイムスケジュール>
9:00 ~ 10:20
相浦希帆 
『間接的発話による依頼・申し出と拒否応答の特徴』

大平望 
『外的刺激がパフォーマンスに与える影響に関する考察』

呉 立衡 
『強化学習に基づくカテゴリー弁別における影響要素についての検討』

佐々木みちる 
『カテゴリー適用時における文脈効果の検討』

10:30 ~ 11:50
滝口樹
『経験知が知的作業に及ぼす影響についての研究』

只木琴音 
『ミュージアムにおける仕掛けの検討 ―美術館のキャプションを題材に―』

萩尾竜馬 
『手話会話における話者交代事例の分析――重複という観点から――』

平田彩乃
『メニューからの選択時に効果のある宣伝文句についての検討』

12:50 ~ 14:10
廣川夏美
『ハトにおけるゴール探索方略の検討―幾何学配置とベクトル情報の比較―』

藤本雅衣子
『ハトはトポロジーを知覚できるのかートポロジー的特徴を手がかりにした弁別課題による検討ー』

星野有貴子
『ハトにおける衝動性と視覚的注意の関係の検討』

松村涼香
『空間的な単純接触効果の検討』

14:20 ~ 15:40
三好翔太 
『ギャンブル依存症を誘発する条件の検討』

望月 詩織
『ハトにおける主観的輪郭知覚の検討-ヒトとの種間比較研究-』

山口茉衣子
『視覚的オブジェクトの大きさ判断における拡散性の効果の検討―ハトを用いた比較認知研究―』

山﨑由美子
『海外ドラマの日本語吹き替え音声の音響的特徴の探求』

15:50 ~ 16:30
山田裕紀
『ハトの視覚探索における情報処理モデルの検討』

山田瑠奈 
『視覚情報が擬音語の産出に与える影響』

(敬称略)

<発表について>
五十音順にさせて頂きました。発表時間は発表に15分、質疑応答5分の計20分です。

<その他>
昼休みや休憩は、発表の状況次第で、時間を調節することも考えられます。ご了承ください。発表会が滞りなく進むよう、ご協力よろしくお願いいたします。

 

Copyright  2006 千葉大学文学部行動科学科認知情報科学講座     サイトマップ
このページに関するお問い合わせ:webwork@cogsci.l.chiba-u.jp
Powered by WordPress ME