2010年度

比較認知研究室

  • ハトにおける斉一運動刺激の知覚的体制化の検討
  • ハトにおけるカウンティング課題を用いた数の短期的記憶
  • ハトにおける人の顔刺激を用いた視覚探索
  • 類同の要因によるハトの知覚的体制化―色と形の交互作用の検討―
  • ハトにおける回転螺旋パターンの奥行き知覚―拡大・縮小運動の探索非対称性―

松香研究室

  • 事例の不連続性がカテゴリーの学習に与える影響
  • 現象特性と図形手がかりの関係からみる主観的輪郭の生成過程
  • 嗅覚情報と視覚情報の探索の対称性
  • 異なる状況における学習プロセスの変化の検討
  • カテゴリ学習におけるカテゴリ内部表象の変化の分析
  • 2色配色が与える印象についての検討

傳研究室

  • 共通基盤形成においてジェスチャーが果たす役割の検討
  • 音環境が与える黙読速度への影響
  • ジェスチャーにおけるHPの変更要因について

土屋研究室

  • 話し手の説明時におけるジェスチャーの視点の使い分けについて
  • 擬人化エージェントを用いた円滑なコミュニケーションに関わる非言語的要因の研究
  • 高次情報が単語の処理過程に与える影響

Copyright  2006 千葉大学文学部行動科学科認知情報科学講座     サイトマップ
このページに関するお問い合わせ:webwork@cogsci.l.chiba-u.jp
Powered by WordPress ME